オークモントゴルフクラブ

ローカルルール – クラブ競技会情報

本規則に定めない事項はすべてJ.G.A競技規則による

 1.コース内の全ての水域は、レッドペナルティーエリア(旧:ラテラルウォーターハザード)

       とする。その境界は赤色の線(杭)をもって標示する。(対岸での救済廃止。)


 2. アウトオブバウンズの境界は白杭もって標示する。  ただし、現にプレーするホールの白杭を

         結ぶ線を越えて他の区域に止まった球はアウトオブバウンズの球とみなす。


 3.修理地は青杭又は白線をもって標示する。(但し、白線上は修理地に含む)


 4.U字溝は道路の一部とする。


 5.レッドペナルティーエリアを形成する石垣は、コースと不可分の構築物とする。

         (救済はできない)


  6.砂地にパンパスの生えているところは、ペナルティーエリアとする。


  7.EAST1番・2番・9番、WEST2番・4番・7番、SOUTH6番の第一打が紛失またはアウトオブバウンズの場合は、前方の特設箇所よりプレーイング4でプレーのこと(ティアップ不可)。

      クラブ競技においてはドロップのこと。(社長杯、理事長杯、キャプテン杯、クラブ選手権、シニア選手権、グランドシニア選手権、レディス選手権、レディス杯については特設箇所を使用できない。)


  8.EAST3番の第一打が水域に入った場合は、前方の特設箇所よりプレーイング3でプレーのこと(ティアップ不可)。クラブ競技においてはドロップのこと。(社長杯、理事長杯、キャプテン杯、クラブ選手権、シニア選手権、グランドシニア選手権、レディス選手権、レディス杯については特設箇所を使用できない。)


 >9.WEST5番の第2打以降で、水域に入った場合は、前方の特設箇所より1打付加してプレーのこと。(クラブ競技については除外)


10.グリーンの保護を目的とする為、ボールがグリーン上にある場合、使用クラブをパターに 限定する。


11.バンカー内の階段は構築物とする。


12.コース内のヤード表示杭は動かせない障害物とする。


13.上記7.8.9.10項の違反は2打罰とする。


14.ストロークと距離の救済(2打罰)

     ペナルティーエリア以外の場所で、アウトオブバウンズまたは紛失したと思われる場合、ホールに近づかず、

       最も近いフェアウェイ地点から2クラブレングス範囲を含めた、後方範囲にドロップできる。

      (クラブ競技については除外)


15.最大スコアを規定打数の3倍とする。ただし、クラブ競技には適用しない。


16.上記以外はJ.G.A規則に従い、臨時ローカル・ルールはクラブハウスに掲示し、

      その日から効力は発する。

<< 前のページにもどる

ページの先頭へ